個人情報保護方針

学校法人 大阪女学院 個人情報保護方針

2005年4月1日より、「個人情報の保護に関する法律」が施行されました。学校法人大阪女学院(以下「学院」という。)では,保有する個人情報の重要性を認識し、その適切な取扱いと保護を図ることに努めます。また,今後の法令等の制定及び改廃に合わせ、学院はこの方針について必要な改訂を行います。


  1. 法令等の遵守
    学院は、保有する入学志望者、学生・生徒、卒業生、教職員等の個人情報について、「個人情報の保護に関する法律」及び関連する法令などを遵守し、当該の個人情報の保護に努めます。
  2. 規程と管理体制の整備
    学院は、「個人情報の保護に関する法律」、「個人情報の保護に関する法律施行令」、その他関係省庁のガイドライン等に基づいて、学院内規程の整備と個人情報の管理体制の徹底に努めます。
  3. コンプライアンス・プログラムの制定・実行・改善
    学院は、個人情報の管理体制の徹底のため、コンプライアンス・プログラム(個人情報の保護に関する方針、組織、計画実施、監査及び見直しに関するシステム)を制定し、これを組織的、継続的に実行し、改善を図ります。
  4. 個人情報の利用目的の特定と収集
    学院は、個人の情報を収集する場合は、個人情報の利用目的を特定し、その利用目的に必要な範囲において、適正な手段によって収集します。
  5. 個人情報の利用の制限
    学院は、「個人情報の保護に関する法律」及び関連する法令に定める場合を除いて、学院が保有する個人情報を、あらかじめ本人の同意を得た目的以外に利用したり、第三者への個人情報の開示・提供は行いません。
  6. 個人情報の管理
    学院は、その業務において、個人情報の保護を適正に行い、個人情報保護の責任の所在を明確にするため、学院の各部門等に「個人情報保護主管理者」を置き、個人情報の取扱いについて権限を付与した職員に対して、必要かつ適切な監督と教育を行います。
    また、個人情報を処理する情報システムの安全管理を図り、生徒個人情報は上記の「個人情報保護主管理者」のもので厳重に管理し、外部からの不正アクセスやデータ流出の防止し、かつ管理状況を定期的に確認し、必要に応じて改善等の対処を行います。
  7. 取得した生徒個人情報のデータ処理
    サーバー管理等を外部に委託する場合がありますが。この場合は、校内のガイドラインに基づいて守秘契約等を締結し、委託先が安全管理のために講ずべき措置の内容について委託契約に明記、生徒個人情報の不適切な利用がないように必要かつ適切な監督を行います。
  8. 個人情報の開示・訂正・追加・削除・利用停止等の請求
    学院は、本人からの当該本人の個人情報の開示、訂正、追加、削除、利用停止等の請求を受け付けます。

    学校法人 大阪女学院