学科・コース

英語科英語コース

英語科英語コースイメージ画像

英語科 英語コースについて

専門学科として、授業以外でもレポート作成など、英語に触れる機会を増やすことで「読む」「聞く」「書く」「話す」英語の4技能を高度なレベルで習得します。 英語コースは、3年次から私立文系志望のⅠ型と、国公立文系志望のⅡ型に分かれます。

ネイティブの先生とコミュニケーションをとる楽しさも行事での団結力も、他人を受け入れる教えがあるからこそ。 高校2年生 Y.Nさん

英語科では、毎日多く行われる英語の授業以外に、英語礼拝や英語キャンプなど、英語科ならではのプログラムを経験することができます。また、ネイティブの先生と会話をする機会が多くあり、英語力の向上はもとより、自然と英語が好きになっていきます。私は、大阪女学院の英語科と陸上部に憧れて入学しましたが、大阪女学院では、勉強と部活を両立することが出来る環境が整っているので、どちらも全力で楽しむことができます。個性派揃いの大阪女学院ですが、それは一人ひとりが他人を受け入れているという証拠です。また性格や趣味も異なった生徒たちが一つとなる行事は、大阪女学院の醍醐味であると思います。

画像:普通科文系 Y.Nさん
The Teacher in Charge

「英語で自分の意見を発信できる女性」を目指して。 英語学科主事 鍵村信正 先生

画像:英語学科主事 鍵村信正先生

「自分の意見」を「英語で発信する」-これが本校英語科過程が目標とする女性像です。
高校1年次に1泊で行われる英語キャンプや、高校2年の夏に1週間の期間を設けて実施するエンパワーメントプログラムなどの行事もすべて、「発信」できる英語力を育むために英語科のみ実施されるものです。1日平均2時間以上は実施される英語教科の授業の中で、日常的に個人の意見や、多様な分野のトピックに関して自らの見解を「英語」で「話す」活動が求められます。そのような環境の中で、「読む」「聞く」「書く」「話す」の4技能に渡る高度なコミュニケーション運用能力が可能になるのです。

カリキュラム(2018年度入学生)

高1 高2 高3
必修 必修 選択 Ⅰ型 Ⅱ型
必修 選択 必修 選択
聖書 1 1 1 1
国語 6 5 6 6
地歴 2 5 4 3 4 3
公民 2 3 3
数学 5 4 2 3
理科 4 2 2
保健体育 4 4 3 3
芸術 1 1 2
英語 11 9 2 12 10
家庭 2 2
情報 1 1
合計 35 36 33 34

※「総合的な学習の時間」は中学同様、特別教育活動を実施しています(修養会、文楽鑑賞など)また、国際理解教育の一環として日本文化の茶道を体験します。
※「情報」は集中講義形式で実施します。
※高等学校から入学した生徒には、6年一貫カリキュラムに対応するための補習がほぼ1学期間実施されます。
※3年次のI型は私立文系志望・II型は国公立文系志望のクラスです。