学科・コース

英語科英語コース

英語科英語コースイメージ画像

英語科 英語コースについて

専門学科として、授業以外でもレポート作成など、英語に触れる機会を増やすことで「読む」「聞く」「書く」「話す」英語の4技能を高度なレベルで習得します。 英語コースは、3年次から私立文系志望のⅠ型と、国公立文系志望のⅡ型に分かれます。

英語科独自のプログラムで生きた英語を学び、いろんな人たちとコミュニケーションをとる楽しさを学んでいます。 高校2年生 N.Mさん

私は、好きな英語をもっと上達させたいという思いで英語科に入学しました。
学校のプログラムには英語科ならではの行事があります。高校1年生の冬に一泊で行う英語キャンプでは、多くのネイティブスピーカーの先生たちから授業を受けたり、様々なアクティビティに参加したりと、英語を話す機会が数多くありました。また、他クラスと合同で行うため、同じクラスではない生徒とも交流し、友達の輪が広がりました。更に、高校2年生ではエンパワーメントプログラムという五日間のプログラムがありました。海外からの大学生がグループリーダーとなり、様々なトピックについてディスカッションし、生きた英語を学ぶことができ、とても有意義な英語一色の一週間となりました。
大阪女学院には個性豊かな生徒たちが集まっていて、一致団結して行事に取り組んでいます。私自身もそこで充実した学校生活を送っています。

画像:高校2年生 N.Mさん
The Teacher in Charge

「英語で自分の意見を発信できる女性」を目指して。 英語学科主事 鍵村信正 先生

画像:英語学科主事 鍵村信正先生

「自分の意見」を「英語で発信する」-これが本校英語科過程が目標とする女性像です。
高校1年次に1泊で行われる英語キャンプや、高校2年の夏に1週間の期間を設けて実施するエンパワーメントプログラムなどの行事もすべて、「発信」できる英語力を育むために英語科のみ実施されるものです。1日平均2時間以上は実施される英語教科の授業の中で、日常的に個人の意見や、多様な分野のトピックに関して自らの見解を「英語」で「話す」活動が求められます。そのような環境の中で、「読む」「聞く」「書く」「話す」の4技能に渡る高度なコミュニケーション運用能力が可能になるのです。

カリキュラム(2019年度入学生)

高1 高2 高3
必修 必修 選択 Ⅰ型 Ⅱ型
必修 選択 必修 選択
聖書 1 1 1 1
国語 6 5 6 6
地歴 2 5 4 3 4 3
公民 2 3 3
数学 5 4 2 3
理科 4 2 2
保健体育 4 4 3 3
芸術 1 1 2
英語 11 9 2 12 10
家庭 2 2
情報 1 1
合計 35 36 33 34

※「総合的な学習の時間」は中学同様、特別教育活動を実施しています(修養会、文楽鑑賞など)また、国際理解教育の一環として日本文化の茶道を体験します。
※「情報」は集中講義形式で実施します。
※高等学校から入学した生徒には、6年一貫カリキュラムに対応するための補習がほぼ1学期間実施されます。
※3年次のI型は私立文系志望・II型は国公立文系志望のクラスです。