暗唱聖句

毎朝の礼拝で、聖書のみ言葉(聖句)を暗唱します。これが暗唱聖句です。暗唱聖句は2週間ごとに新しくなります。ですから、1年間では約18、3年間では54、6年間では108の聖句を覚えることになります。聖句の意味については、礼拝や聖書の授業で説明されるものもありますが、それでも、聖句の意味が十分に理解できないものもあるかもしれません。
しかし、心の中に残っている聖句は、いろいろな困難や試練に出会った時に、私たちを慰め、励ましてくれるでしょう。また、私たちが迷っている時は、正しい道を指し示してくれるでしょう。聖句をできるだけ沢山覚えることは、私たちの心の成長につながります。

2019年度 年間暗唱聖句

「人にではなく主に仕えるように、喜んで仕えなさい。」(エフェソ6:7)


2019年度 週間暗唱聖句

期間 聖句 聖書の箇所
4月前半 疲れた者、重荷を負う者は、だれでもわたしのもとに来なさい。休ませてあげよう。 マタイ11:28
4月後半 神は真実な方です。あなたがたを耐えられないような試練に遭わせることはなさらず、試練と共に、それに耐えられるよう、逃れる道をも備えていてくださいます。 コリントⅠ10:13
5月前半 心を新たにして自分を変えていただき、何が神の御心であるか、何が善いことで、神に喜ばれ、また完全なことであるかをわきまえるようになりなさい。 ローマ12:2
5月後半 互いに忍び合い、責めるべきことがあっても、赦し合いなさい。主があなたがたを赦してくださったように、あなたがたも同じようにしなさい。 コロサイ3:13
6月前半 希望をもって喜び、苦難に耐え忍び、たゆまず祈りなさい。 ローマ12:12
6月後半 愛する者たち、互いに愛し合いましょう。愛は神から出るもので、愛する者は皆、神から生まれ、神を知っているからです。 ヨハネI4:7
7月前半 わたしたち一人一人に、キリストの賜物のはかりに従って、恵みが与えられています。 エフェソ4:7
7月後半 死の陰の谷を行くときも わたしは災いを恐れない。あなたがわたしと共にいてくださる。あなたの鞭、あなたの杖 それがわたしを力づける。 詩編23:4
8月前半 すべて真実なこと、すべて気高いこと、すべて正しいこと、すべて清いこと、すべて愛すべきこと、すべて名誉なことを、また、徳や称賛に値することがあれば、それを心に留めなさい。 フィリピ4:8
8月後半 あなたの重荷を主にゆだねよ 主はあなたを支えてくださる。 詩編55:23
9月前半 人にへつらおうとしてうわべだけで仕えず、主を畏れつつ、真心を込めて従いなさい。 コロサイ3:22
9月後半 人にではなく主に仕えるように、喜んで仕えなさい。 エフェソ6:7
10月前半 わたしはあなたの前に使いを遣わして、あなたを道で守らせ、わたしの備えた場所に導かせる。 出エジプト23:20
10月後半 主イエス御自身が『受けるよりは与えるほうが幸いである』と言われた言葉を思い出すようにと、わたしはいつも身をもって示してきました。 使徒20:35
11月前半 あなたの神、主はあなたの行うすべてのことを祝福される。 申命記 15:18
11月後半 わたしは今日も明日も、その次の日も自分の道を進まねばならない。 ルカ13:33
12月前半 神はお造りになったすべてのものを御覧になった。見よ、それは極めて良かった。 創世記1:31
12月後半 どんなことでも、思い煩うのはやめなさい。何事につけ、感謝を込めて祈りと願いをささげ、求めているものを神に打ち明けなさい。 フィリピ4:6
1月前半 いちばん先になりたい者は、すべての人の後になり、すべての人に仕える者になりなさい。 マルコ9:35
1月後半 イエスは言われた。わたしは道であり、真理であり、命である。 ヨハネ14:6
2月前半 わたしに従う者は暗闇の中を歩かず、命の光を持つ。 ヨハネ8:12
2月後半 だから、明日のことまで思い悩むな。明日のことは明日自らが思い悩む。その日の苦労は、その日だけで十分である。 マタイ6:34
3月前半 神は人の歩む道に目を注ぎ その一歩一歩を見ておられる。 ヨブ34:21
3月後半 心を尽くして主に信頼し、自分の分別には頼らず常に主を覚えてあなたの道を歩け。そうすれば主はあなたの道筋をまっすぐにしてくださる。 箴言3:5~6