学科・コース

英語科国際バカロレアコース

国際バカロレアイメージ画像

英語科国際バカロレアコースについて

大阪女学院高等学校は2018年、国際バカロレア機構より、IBワールドスクールの認定を受けました。IBワールドスクールは、「質の高い、チャレンジに満ちた国際教育に信念を持って取り組む」という理念を共有する学校です。

(※)IBの「ディプロマ・プログラム」(DP)を実施することができるのは、国際バカロレア機構に認定された学校のみです。国際バカロレア機構およびIBのプログラムについての詳細については、国際バカロレア機構のウェブサイトをご覧ください。

国際バカロレアの理念

国際バカロレアは、多様な文化の理解と尊敬の精神を通じて、より良い、より平和な世界を築くことに貢献する、探求心、知識、思いやりに富んだ若者の育成を目的としています。 国際バカロレアのプログラムは、世界中の生徒に、人がもつ違いを違いとして理解し、自分と異なる考えの人々にもそれぞれの正しさがあり得ると認めることができる人となり、積極的に関わる心、そして共感する心を持つ生涯学習者となるよう働きかけています。

神を畏れ、真理を追求し、愛と奉仕の精神で社会に貢献する女性の育成を目指す大阪女学院は、国際バカロレアの理念と同じ教育方針を、設立当初から掲げ実践してきているのです。その大阪女学院が2018年度、国際バカロレアコースを新設しました。

画像:交流の様子

国際バカロレア・日本語プログラムでの学び

英語科国際バカロレアコースでは、国際バカロレア機構が定めるコア領域の3科目に加え、6つの学問領域からそれぞれ1科目ずつ、合計6科目の学習に取り組みます。

画像:IB DIPLOMA PROGRAMME

英語科課程 国際バカロレア(IB)コースの概要

世界の様々な文化に対する理解と尊重を通じて、平和でより良い世界の実現に貢献する、探究心、知識、思いやりのある若者の育成 – これは国際バカロレアの教育目標ですが、大阪女学院の英語科も、これと同じ目標のもと、47年前に設立されました。この英語科過程の中の一学級に、国際バカロレア日本語ディプロマによるディプロマ・プログラムの導入を目指し、同時に一般の高等学校卒業資格も得られるカリキュラムを構築します。高等学校1学年では、通常の高等学校科目を履修し、第2・3学年で、国際バカロレアの日本語ディプロマプログラムの授業が展開されます。

1 2 3

IB Foundation

高等学校の必履修単位を取得し
同時に国際バカロレア導入の準備をします。

IB Diploma Programme

国際バカロレアが定めるハイレベルから3科目、
スタンダートレベルから3科目を学びます。

各国IB校で同時に行われる統一試験
(11月に実施)

国際バカロレアの日本語ディプロマは、
3つのコア領域と6つの科目から成り立っています。

3つのコア領域

  • TOK(Theory of Knowledge – 知の理論)
    画像:TOK

    現代社会の諸問題を様々な視点から眺めたり、分析したりしながら、批判的思考力(クリティカルシンキング)を鍛えていきます。同時にコミニケーションスキル、リサーチスキル、さらに自己管理スキルを磨きます。2〜3年生の全期間を通し、100時間以上の時間をかけて「知識」の本質に迫ります。そして学習の成果を論文としてまとめます。

  • EE(Extended Essay – 課題論文)
    画像:EE

    科目に関連した研究分野を探究し、その成果を8000字程度の論文にまとめます。

  • CAS(Creativity, Activity, Service – 課外活動)
    画像:CAS

    創造的思考を伴う文化的活動・身体的な訓練を伴う体育活動・社会貢献を伴う奉仕活動という3つの分野についての体験的学習を、自分で企画し実践して学びます。その活動についての調査・準備・実施・報告を個人が行い、約半年の共同作業にグループで取り組みます。高度な自主性、積極性、そして協調性が育まれます。

  • 6つのグループと設置科目

    大阪女学院では下に示す各グループから1科目を履修します。

    グループ 大阪女学院で設置する科目(授業中の使用言語)
    Group1 言語と文学 国語A(日本語)Japanese A Literature
    Group2 言語取得 英語B(英語)English B
    Group3 個人と社会 歴史(日本語)History
    Group4 科学 生物(日本語)Biology
    Group5 数学 数学(英語)Mathematics
    Group6 芸術 美術(日本語)Art

    科目は、国際バカロレアがハイレベル(高度な内容)と定めるものと、スタンダードレベル(標準的な内容)とするものがあり、それぞれから3科目ずつ履修することが求められます。
    大阪女学院では、国語、英語、歴史をハイレベル、生物、数学、美術をスタンダードレベルとして設置します。

    The Teacher in Charge

    社会にかけがえのない貢献ができるための資質と能力を開発します。 英語教諭 チェックリー 先生

    画像:英語教諭 チェックリー 先生

    国際バカロレア ・ ディプロマプログラムでは、ボーダーレスに物事を考え、現在世界に影響を及ぼしているあらゆる問 題について広範に学ぷことができます。生徒たちは自由に自らの関心の領域を探究し、これまでの教育の枠組みをはる かに越えて学習者が学びを深める無数の経験とスキルを手にすることができます。 国際バカロレアは、最終的に本人が 国内・国外どこにいても、社会にかけがえのない貢献ができる地球市民となるための資質と能力を開発します。この点 で、 国際バカロレアは、他のどのカリキュラムよりも優れているといえるでしょう。批判的 ・ 創造的に物事を考え、個人 としても集団としても、価値ある仕事を成し遂げようとする挑戦がバカロレアには満ちています。この挑戦は得ることが 多いばかりではなく、やっていて楽しい活動です。そんな挑戦を求める人には、国際バカロレア ・ ディプロマプログラムを、 心から勧めたいと思っています。

    The International Baccalaureate Diploma Programme (IBDP) offers students an excellent opportunity to think beyond their borders and learn about a wide variety of topics and issues that affect our world. It gives them freedom to explore their own areas of interest, and gain a number of experiences and skills that will benefit them far beyond their formal education. The 1B programme goes beyond other school curricula in instilling in students the qualities and abilities that enable them to become "global citizens'who can make a valuable contribution to society, be it at home or abroad. For students looking for a rewarding (and fun!) challenge that requires them to think critically and creatively, producing valuable work both individually and in small groups, I highly recommend the IBDP.

    国際バカロレアコースの3年間のカリキュラム(2021年度入学生)

    1年 2年 3年
    聖書 1 1 1
    国語 3
    地歴 4
    公民 2
    数学 2
    理科 4
    保険体育 4 4 3
    芸術 3
    英語 10
    家庭 2
    社会と情報 2
    探究 1
    DP 国語 HL 6 5
    DP 英語 HL 6 5
    DP 歴史 HL 6 5
    DP 数学 SL 3 4
    DP 生物 SL 3 4
    DP 美術 SL 3 4
    DP 知の理論 2 3
    資格試験対策講座 2 2
    合計 38 36 36
    • 国語・地歴・数学・理科・芸術・英語・知の理論の2・3年生での科目内容は国際バカロレア・ディアロマ・プログラムが定めるものです。
    • 「総合的な探究の時間」は、特別教育活動を実施しています(修養会、文楽鑑賞など)
    • DPは国際バカロレアのディプロマ・プログラムを意味します。
    • HLはハイアーレベル、SLはスタンダードレベルで、それぞれ3科目ずつ履修します。

    大学など、高等教育機関への進路について

    全世界3,000以上の大学で、フルディプロマの総合成績が、合格判定や合格後の奨学金支給要件、単位認定に活用されています。

    イギリス

    イギリスのTOP20大学に入学する割合が高く、大学での学習や就職においても成功を修めています。

    アメリカ・カナダ

    北米において、アイビーリーグ校を含む多くの主要大学で認定されており、成績優秀者を対象に早期単位取得や学費免除を認めている大学もあります。

    オーストラリア

    グループ8を含む多くの主要大学で認定されており、入学認定や単位取得において優遇措置をうけられる大学もあります。

    ニュージーランド

    ニュージーランドにおける全ての主要大学は、国際バカロレアの資格を認定しています。

    日本

    日本の主要大学でも国際バカロレアの資格取得者を対象とした入試が増えています。 ただし、本校での履修プログラムによっては出願出来ない学部学科がありますので、詳細は各大学のウェブサイトなどでご確認ください。

    英語科国際バカロレアコースの入学選抜については募集要項をご覧ください。