2022年3月1日(火)

2022年3月1日、大阪女学院ヘールチャペルにて卒業礼拝を行いました。
前日には卒業感謝礼拝を持ち、晴佐久神父から 卒業生にむけての温かい励ましのメッセージをいただきました。今年も新型コロナウイルス感染症拡大の影響で、例年と同じとはいかず、卒業礼拝当日の在校生の参列は叶いませんでしたが、教職員や保護者に見守られながら、高校時代最後の実り豊かな礼拝のひと時を過ごしました。


卒業礼拝ショートムービー

卒業礼拝の画像
卒業生たちは、最後の礼拝を守ります。
卒業礼拝の画像
寒さが和らぎ、春の気配が見える季節。
卒業礼拝の画像
毎日欠かさずに守ってきた礼拝も今日で終わりです。みんなで一緒に聖書を読むのも、讃美歌を歌うのも今日が最後。寂しさがこみ上げます。
卒業礼拝の画像
校長先生から卒業生一人ひとりに卒業証書が授与されました。卒業証書の名前は1枚1枚手書きで毛筆されています。
卒業礼拝の画像
在校生代表による祝辞につづき、卒業生代表による謝辞。
3年間、または6年間の思い出を振り返り、支えてもらった多くの人たちに感謝して、大阪女学院を巣立った後も”愛と奉仕の精神”を忘れずに生きていきたいと、力強く語りました。
在校生の祝辞では、高校2年の生徒が新型コロナウイルスの影響で参列できなかった在校生全員の想いを言葉に乗せ、来たるべき最高学年への思いを新たにしました
卒業礼拝の画像
多くの方からお祝いのメッセージや祝電が寄せられ、高校校舎の入り口に飾られました
ページトップへ戻る