募集時期と募集学年

中学校では全学年、高等学校では2学年にわたって募集しています。
※中学校の一学期編入とは、帰国後4~7月の間に当該学年に編入するもの、同様に二学期編入とは9~12月の間に、三学期編入とは1~3月の間に当該学年に編入するものとします。

試験日

中学校
一学期編入 二学期編入 三学期編入
1年 12月中旬・3月中旬 7月下旬 12月中旬
2年 3月中旬
3年 / /
高等学校
4月編入 9月編入
1年 12月中旬 7月下旬
一般入試と同一日
2年 3月中旬

出願期間

中学校
一学期編入 二学期編入 三学期編入
1年 試験日の5日前まで 試験日の5日前まで 試験日の5日前まで
2年
3年 / /
高等学校
4月編入 9月編入
1年 試験日の5日前まで 試験日の5日前まで
2年

※出願受付時間:月~土曜日9時から4時まで

場所

本校

内容

学科試験(国語、英語、数学)各教科60分。ただし、中学校1年一学期編入希望者のみ、国語、算数の2教科(各教科60分)

発表

当日の午後、本人及び保護者へ合否を通知します。だたし、中学校1年一学期編入、高等学校4月入学のみ、別途指定の日に合否発表を行います。

出願資格

  1. 保護者の海外在留に伴い本人の海外生活が引き続き1年6ヶ月以上で、保護者と共に帰国する者。
  2. 帰国後1ヶ月以内に面接を受けて受験を認められた者。帰国後他校に在籍した者の受験は認めません。ただし、中学校1年一学期編入、高等学校1年4月入学を希望するものは、次の要項によります。
    〈中学校1年一学期編入について〉
    ※小学校5年(相当)時の1月以降に帰国し、帰国後6ヶ月以内に面接を受けて受験を認められた者。
    ※中学校1年の4~7月の間に帰国予定の者。
    〈高等学校1年4月入学について〉
    ※中学校3年(相当)の6月以降に帰国し、面接を受けて受験を認められた者。
  3. 帰国後保護者と同居する者。
  4. 専願受験であること。すなわち、編入試験に合格した場合必ず入学する意思のあること。

出願手続

〈1〉面接

出願資格「2」による通り、出願には面接での受験の許可が必要です。面接の結果受験を認められた者にのみ願書をお渡しします。従って、願書の郵送等は行っておりません。また、学年によって出願期間が異なりますので、面接の時期に注意してください。

〈2〉提出書類

A.面接時に提出するもの
  1. 海外生活を証明する書類(保護者の所属する機関の長の発行するもの)
  2. 海外における最終在籍校の在学(または卒業)証明書、及び成績証明書またはこれに相当するもの。
  3. 中学校1年に一学期編入を希望するもので、帰国後国内の小学校に在籍しているものは、当該校の在学(または卒業見込)証明書
  4. 高等学校1年に4月入学を希望するもので、帰国後国内の中学校に在籍しているものは、当該校の在学(または卒業見込)証明書

〈3〉面接の後、交付を受け提出するもの

  1. 入学願書(本校所定の用紙。校長印等は必要ありません。)
  2. 入学志願者個人調査書(本校所定の用紙)
  3. 検定料