普通科 文系

ソウザ真樹さん(1994年卒業)
ブラジルにてエステサロン経営

信仰の種を撒いてくれた大阪女学院

大阪女学院を卒業してから12年後、日本語教師としてブラジルで勤務することになりました。
そこで知り合った友人に教会へ誘われ、より多くの友達を作ることを目的に教会へ通うようになりました。そのうち 日本語の聖書を読みたいと思うようになり、高校を卒業してからは一度も開いたことのなかった聖書を実家から送ってもらって読み始めました。すると、授業や礼拝で覚えた聖書の箇所をどんどん思い出し、神様はずっとわたしと一緒にいてくれたんだと感じるようになりました。
卒業して改めて、大阪女学院では勉強だけでなく人生に大きな影響を与える多くのことを学ぶことができたと実感しています。信仰の種を蒔いてくれたことに感謝でいっぱいです。

ソウザ真樹さんの画像
ソウザ真樹さんの画像