英語科

佐々井麻衣さん(2008年卒業)
(株)東北新社 日本語字幕・吹替制作プロデューサー

自分らしさを大切にできる場所

私は大阪女学院中学・高校を卒業し、現在は劇場洋画や海外ドラマの字幕・吹替を制作する会社でプロデューサーをしています。
具体的な仕事は主に、字幕に誤字脱字・誤訳などがないかチェックしたり、吹替の声優さんや演出家さんのスケジュール調整やスタジオ手配をしたりすることです。公開前の作品をいち早く見られることはもちろん、声優さんの生の収録現場に立ち会えるのもこの仕事の特典です。

私が今こうして英語を活かしながら大好きな映画の仕事に関われているのは、女学院での留学経験があったおかげです。
女学院の交換留学制度ではオーストラリアの姉妹校に留学できる機会があり、その1年で培った英語力は今の職場でも大きな武器となっています。
また、先生や同級生たちが持っていた“自分の好きなことを大切にする”という女学院スピリットも、今の仕事に進む大きな原動力となりました。今の私があるのは、多感な学生時代に“自分にとって大切なものを見つける”ことを教えてくれた女学院のおかげだと心から感謝しています。

佐々井麻衣さんの画像
佐々井麻衣さんの画像