進路指導方針

それぞれの個性や能力を生かして社会へ貢献していくために、最もふさわしい進路を見つけ出せるように生徒の自主性を尊重しながら指導、助言を行っています。また意欲的に学習に取り組み、将来の進路を考えるさまざまなプログラムを用意しています。

「進路」を考えるとは「自分の生き方、幸福とは何か」を考えることだといえます。大阪女学院での進路指導は、教科学習はもちろん、その他の多彩な学びを通じて、人のため社会のために役に立つ自分に最も適した「進路」は何なのかを見つけだし、その進路の実現のために自分自身で行動できるように指導、助言することを大切にしています。進路室には多くの進路資料があり、中学生、高校生、保護者も自由に利用でき、常時進路相談を受け付けています。またインターネットによる進学希望先の資料入手等も自由にできます。

中学校の進路指導

中学ではコース分けをせずに3年間でのさまざまな学びを通して、自分の適性や関心を見極め、高校の普通科文系、普通科理系・英語科の中から最も適した進路を自分で選択できるように指導します。また1・2年次から生徒・保護者対象の進路説明会を実施します。

高等学校の進路指導

ロングホームルームや保護者参加の説明会、大学のオープンキャンパス、講師を招いてのセミナー、大学訪問プログラムなどへの参加を通して、進路を考えていきます。

1年次
夏休みに希望進路ごとで班を編成し、大学のオープンキャンパスに参加。2学期にはその時の体験をレポートにまとめ、クラスで発表します。またコースによってはセミナーを実施します。
2年次
各コースとも大学訪問プログラムなどを実施します。大学での講義や実習に参加し、将来希望する進路を実現するための学部や学科について理解を深めます。
3年次
進路指導部による進路に関するロングホームルームや説明会を年に数回実施します。参考資料として、合格体験記や最新の資料・冊子などを配布します。

進路ガイダンス

実施内容

将来を考えるための大学訪問プログラム

将来の進路を考える際、大学でどのようなことを学び、研究しているのか、具体的に理解することが大切です。
本校では進路指導の一環として、進路希望分野を深く理解し、実際に大学でどのような研究、学習が行われているのかを学ぶために、多くの大学・学部と連携し、ゼミ、講義、実習、実験に参加する取り組みを行っています。またそれぞれの大学で本校卒業生から学部内容や学生生活の様子などを聞く機会を設け、モチベーションを保てるような取り組みをしています。

文系分野で訪問した大学

英語分野で訪問した大学

理系分野で訪問した大学